ICO案件の売却や操作などが不明な方のサポート始めました!
詳細はこちらで確認!



【AXE】COINLIM取引値





【LINE】に登録していただくと記事更新の際に通知が届きます!
また、記事には載せない限定情報もお届けします。

ぜひご登録ください!
友だち追加




 



Fukky(Fukky@CC)です。

 

今回は

【EXC】メンタリストDaiGOも注目しているEXコイン!価格上昇を期待できるか?

ということについてお伝えします。

 

あなたはメンタリストDaiGOさんをご存知ですか?

 

ニコニコ動画やYouTubeなどで情報発信をしたり、著書なども出されているのでもしかしたらどこかでご覧になったことがあるかもしれませんね。

※Daigoさんの写真はDaiGOさんの公式サイトよりお借りしています。

 

このDaiGOさんがニコニコ動画のチャンネルで話されていたのが、

FOCREXという取引所に上場しているEXコインというコインです。

 

なぜこのコインが注目されているのでしょうか。

 

これから見ていくことにしましょう。

 

 

 

 

 

 

メンタリストDaiGOと仮想通貨EXコインにどんな関係があるのか?

 

DaiGOさんとEXコイン。実に謎な関係ですよね。

 

実はDaiGOさんのニコニコ動画の有料チャンネルに、

房 広治(ふさ こうじ)さん という方が時々出演されています。

 

その房さんが代表取締役を務める会社【GVE株式会社】が開発しているのがEXコインなのです。

 

・動画の中で何度か話が出る

・実際に2018年11月に上場された

・2019年1月16日の放送分の動画で結構長時間、EXコインについての話があった

 

このような経緯があります。

 

DaiGOさんのニコニコ動画は有料でも登録数は相当多いですし、EXコインが日本人に知られる可能性というのは他のよくわからない草コインに比べて相当高いでしょう。

 

DaiGOさんの動画については、月額540円で低料金であるため、今後もEXコインを追いかけたい場合は登録しておいても良いと思います。

 

ちなみに2019年1月16日の動画の15分以降あたりからEXコインの話が始まります。

 

【英国投資家にお金の増やし方を根掘り葉掘り聞いてみた 】

ニコニコ動画に無料会員登録をして、さらにDaiGOさんのチャンネルを登録することにより動画を見ることができます。

 

チャンネルは有料ではありますが、間違いなく料金以上の価値はありますのでオススメです。

 

通常のニコニコ動画の会員ですと、最大1.25倍の倍速しかできませんが、

プレミアム会員になると2倍速まで使用することができます。

 

プレミアム会員は月に540円かかりますが、1.5倍速や2倍速で聞けるのは時間短縮になるので費用対効果は高いと思います。

 

プレミアム会員はコチラから登録できます。

↓↓↓

 

DaiGOさんのチャンネル登録で540円、プレミアム会員で540円かかるということですね。

 

1.25倍のスピードで問題ない人は特にプレミアム会員になる必要は無いと思います。

 

私は1.5倍速か2倍速で聴くことが多いので、プレミアム会員登録しています。

 

 

 

話は戻りまして、今回の1月16日の動画は、もしかしたら2月以降に入会した方は見れなくなるかもしれません。

 

そのようなことを動画の中で話していたので、今回のEXコイン関連動画を閲覧したい方はお早めにどうぞ。

 

また、今回一緒に出演されている房さんのプロフィールなどはコチラのページで確認できます。

 

房広治オフィシャルサイト

 

ちなみに房さんは海外で、アウンサンスーチーさんと一緒に住んでいたことがあるようですよ。

 

本も出されています。

『アウンサンスーチーのミャンマー』

 

 

 

EXコインとは?

 

ここではEXコインがどのようなものかについてお伝えします。

 

このコインは、日本の【GVE株式会社】という会社が開発しているものです。

 

特徴については【スプートニク日本】のインタビュー記事でわかり易く説明されていましたのでそちらから引用してみます。

 

インタビューに応じているのは(GVE株式会社の代表取締役、房広治)さんです。

 

 

■EXコインとは

ビットコインやイーサリアムなど既存の仮想通貨システムを研究した房氏は、主な欠点を見つけた。

それはセキュリティの低さ、エネルギー使用量やオペレーションコスト、即座に指示を送れないことなどだ。

房氏はこれらの欠点を修正する方法を見つけ、EXコインを開発。今年9月にはシステムが完成する予定だ。

(実際には2018年11月に上場を終えた)

 

■特徴

EXコインはデジタル中央銀行「GMF」によって管理される。

GMFの特徴は、人間の介入が最低限で、コストを抑えていることだ。

GMFは自らEXコインを発行し、買い戻し、再起動することができる。

EXコインが一定の価格に達した場合、GMFは価格と同量になるようコインを発行する。

こうして、通貨は貯蓄手段として保障される。例えば、EXコインの価格が2万ドルに達すれば、発行量は2万コインになり、価格が3万ドルになれば、発行量コインになる。

価格の急激な下落の際には、GMFがEXコインを買い戻す。

房氏は、EXコインがクリプトルーブル導入の際にロシア市場でも使われる可能性があると期待を寄せる。

スウェーデン政府が検討する仮想通貨「eクローネ」との提携も計画にある。EXコインプラットフォームは6月1日、ロシアのイノベーションセンター「スコルコヴォ」で開かれる「Startup Village 2018」で発表される。

日本は露日交流年の一環で、「Startup Village 2018」のパートナー国として参加する。

 

インタビューの全文はスプートニク日本のサイトから見ることができます。

【日本企業、最新仮想通貨システムでロシア市場進出狙う ビットコインの対抗通貨になるか】

 

 

内容的には簡単に言いますと、

SUICAとクレジットカードを一体にしたようなものを作り、それを使用することにより現金の使用を減らし、無駄なコストをかけずに済むようなものを作る

ということですね。

 

ビットコインなどのセキュリティより遥かに強力なセキュリティをかけるという点も重要ですね。

 

 

 

SUICA開発者の日下部進さんがアドバイザー!

 

 

SUICAと言えば、相当セキュリティが高いことで有名です。

 

そしてバッテリーも使わずに決済ができるというすばらしい仕組みです。

 

このSUICAを開発した日下 部 進(くさかべ すすむ)さんについては(日刊スゴイ人)というサイトでも紹介されています。

Suicaにも使われているFeliCaを開発したスゴい人!

 

EXコインはこの日下部さんがアドバイザーを努めているのです!

 

これはすごいですね!

 

 

 

将来的にEXがどう使われる?

 

 

現在iPhoneやアンドロイドなどのスマホにはほとんどフェリカが使われています。

 

フェリカがあればSUICA・WAON・nanaco・Edyなどが決済できるので実際はほとんどのスマホでそれらが決済できるということですね。

 

 

それと似たような仕組みでEXコインが導入され、世界中で使われる・・・このようなコトを想定しているようです。

 

 

 

実際はスマホだけではなくいろいろな用途があるのだとは思いますが、この部分が最も注力している点だと思われます。

 

SUICAと同じ仕組みではないと思いますので、それをどうやってスマホの機能として使えるようにするかという問題はありますが、他のファンタジーなプロジェクトに比べるとかなり現実味のある内容ですよね。

 

権利の問題などがあって難しいとは思うのですが、個人的には

【現在のフェリカでそのまま使えるような状態にしてほしい】

と思いますね。

 

これさえできれば新しいハードを作る必要がなく、アプリさえインストールすればすぐに簡単に決済ができるようになると考えるためです。

 

それができたら本当にすごいですね!

 

こちらは2018年4月の少し古い記事ですが重要な事が書かれています。

ガラパゴスの象徴「フェリカ」、iPhone標準搭載で世界進出に芽

この記事にはiPhone8以降、日本国内だけではなく、世界中で展開するiPhone8以降にフェリカが搭載されたことが書かれています。

 

記事の最後にこのような内容があります。

 

キャッシュレスの決済プラットフォームをどこまで広げて利用者を増やせるかは、将来のデータビジネス競争をも左右する可能性がある。

普及拡大に向けて動きだしたフェリカ。だが、国内では電子マネー業者が乱立して、それぞれの囲い込み戦略から抜け出せないでいる。

決済システムもそれぞれ個別に構築する必要があり、このままでは新しい決済方式にシェアを奪われる可能性もある。「各社の垣根を越えて新たな仕組みを作れるか、流通業者なども巻き込んで議論する必要がある」(田中上級コンサルタント)。

 

もしかするとこの内容にある【新しい決済方式】のあたりがEXコインが狙っているところなのかもしれません。

 

フェリカが世界中で使われるスマホに搭載されたこととEXコインの開発、上場はおそらく大きく関係していると思われます。

 

今後EXコインが世界展開され、どこの地域でもスマホさえ持っていれば簡単に決済ができるようになると良いですね。

 

そのためにはEXコインを取引所で買うのではなく、コンビニやWEB上ですぐに購入できるシステムなども必要になるとは思いますが、コインの需要が大きく慣ればそのあたりは自然に解決していくことでしょう。

 

 

 

EXコインが購入できる取引所は?

 

EXコインは19年1月現在では海外のFOCREX(フォークレックス)という取引所で売買することができます。

 

BIGBOSSというサイトで口座を開いて、FOCREXで取引をするという少しややこしい仕組みになっています。

 

ビットコインなどの仮想通貨を送金しUSDに交換することでEXCは購入できますが、送金等が面倒な場合はクレジットカードにて購入するのもオススメです!

Yahoo! JAPANカード 発行プロモーション

 

口座開設方法は別記事でお伝えしていますのでよろしければそちらもご覧ください。

 

もしくはこちらのボタンをタップしてご登録ください。

 

 

 

1月29日時点のチャートです。

見るとわかりますが、1月18日以降急上昇しています。

 

明らかに動画の放送があったあとで口座開設をし、購入が増え結果価格が上がったということがわかりますよね。

 

日本以外の国にどの程度情報を出しているのかはわかりませんが、おそらく購入しているのは日本人がほとんどではないかと思います。

 

 

 

出来高ははかなり小さいですね。

これからどんどん増加していくものと思われます。

 

 

 

 

最後に

 

EXコインについては書きたいことがいろいろとあるのですが、長くなりすぎるため、今後少しずつ書いていきたいとも思います。

 

・すでに上場しているコイン

・開発者が日本人でSUICAを開発した人がアドバイザー

・フェリカでの使用が期待できる

・DaiGOさん効果で、全く投資や仮想通貨に興味がない人の需要も取り込める

 

これらのことを考えると上昇の期待は持てるかもしれません!

 

 

 

EXコインが上場したときは、『またよくわからない取引所トークンか・・・』と思っていました。

 

実際、上場してすぐに購入し、下落して即売ってしまったのですが今回ご紹介したような内容を最初から理解していれば即売ることもなかったな・・なんて思っています。

 

と言いましても1月18日以降の上げ幅はまだそんなに大きくはないので、現段階での参入はおそすぎることはないと思います。

 

ただ、他のコインでも同様ですが、

コイン自体が実際に使われるようになって需要が増えることと、コインの価格が上昇することは必ずしも一致するとは言えない

のでそのあたりは慎重に判断して投資をする必要があるとは思います。

 

今回の内容はこれで終了です。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

それではまた!

 

関連ページ